浴衣メイク

普段とは違う印象を引き出す

夏のお祭りや花火大会には浴衣を着て出かけるという方も多いですが、浴衣に注目するだけでなく顔にも注目してもらいたいものです。
浴衣姿が映えるようなメイクを心がけることで、他の女性に差を付けることができるでしょう。
今回は浴衣メイクのコツとして気をつけたいポイントをご紹介します。

ベースメイク

ベースメイクに関してはいつも通りでも構わないのではないかと考える方も多いですが、できるだけマットに仕上がるようにするのがポイントです。
浴衣姿の色っぽさを引きだすためにも、マットな仕上がりを目指すようにしたいので、リキッドファンデーションやフェイスパウダーなども含めてマットなタイプに変更するようにしてください。
注意しなければいけないのが、マットな仕上がりを目指しても決して厚塗りにならないようにすることです。

厚塗りになると浴衣姿が野暮ったく感じられるので、浴衣との相性をよく考えることが大切です。
自然な透明感のある滑らかな仕上がりになるように心がけてください。

チーク

チークはできるだけ自然な肌の血色になるようにするのがコツです。
あまり濃い色に仕上げてしまうと自然な肌とは思えないので、あくまでもナチュラルメイクに近い仕上がりにすることがポイントになります。
いつもは濃いピンクなどはっきりした色合いのチークしか使っていないという方は、いつものチークを使ってからパウダリーファンデーションを重ねると肌馴染みが良くなります。

アイブロウ

基本的に浴衣メイクはいつもよりも薄いメイクに仕上げるのがポイントですが、いつも以上にしっかり描くようにしたいのがアイブロウです。
注意したいのは濃く描くようにしますが、太くし過ぎないことです。
パウダータイプ、ペンシルタイプの良さを活かしながら上手に使い分けるようにすると良いでしょう。
眉をしっかり描くようにすることで、顔に立体感が生まれて顔立ちがはっきり見えてくるので浴衣姿が更に映えるのです。

リップ、アイシャドウ

浴衣姿の色っぽさを引きだすためにはリップやアイシャドウのどちらでも良いので浴衣の柄に使われている色と組み合わせてください。
例えば浴衣の色は白で赤い花柄が描かれている場合は、赤のリップかアイシャドウを選ぶようにします。
柄の色を差し色として活用すると、色っぽさや艶っぽさがいつもより引き立たせる効果を発揮します。

ちなみに、和装にはリップを赤にするのがベストだと言われており、ピンクやベージュなどは和装の柄に負けてしまうためメイクが引き立たないとされていますが、浴衣に関してはくっきりと赤のリップにすると浮いて見えるのでラインをしっかり取るのではなく、ぼんやりとしたリップに仕上げるのがポイントです。

About

Categories: メイク