暑い日に崩れないメイク

汗でメイクもドロドロ…は嫌!

真夏でも室内にいればエアコンが効いていると快適に過ごすことができ、化粧崩れも起こりにくいものですが、一歩でも外にでるとあまりの暑さで一気に汗が吹き出してあっという間に化粧崩れが起こってしまうことも珍しくありません。
一生懸命吹き出てくるほどの汗を抑えても必ず崩れてしまう…と嘆いている方も多いですが、暑い日でも崩れないメイクを実現する方法があります。
猛暑に負けずにしっかりメイクを維持するコツをご紹介します。

正しいスキンケアが大事

メイクをする際にはしっかりスキンケアを行って余分な皮脂を残さないようにすることが大切です。
化粧崩れの原因は汗だけでなくて皮脂も大きな原因になるため、きちんとスキンケアを実践することで暑い日でも崩れないメイクを実現できるのです。

まずは丁寧に洗顔を行ないますが、洗顔石鹸を使用する際にはしっかり泡立てるのが基本です。
手で顔を洗うのではなく、たっぷりの泡で顔を洗うようにして洗顔をしましょう。
顔全体に泡をなじませたらぬるま湯でしっかり泡をすすぎますが、この時に顔をこすらないようにします。
これで余分な皮脂を落とせますので、後はタオルで水分を吸い取ります。

洗顔後はすぐに化粧水で水分を補いますが、両手全体に化粧水を馴染ませて顔を包み込むようにしてください。
あまり顔をバチバチ叩くのはいけませんが、軽くパッティングをするようになじませるのがコツです。
その後収れん作用をもたらすアストリンゼントローションで肌を引き締めて余分な皮脂や汗が吹き出るのを予防します。

メイクを実践

スキンケアが完了したらいよいよメイクにとりかかりますが、室内の温度があまりにも暑いとメイクをしているそばからベースメイクが崩れてしまうことも考えられますので、できるだけ涼しい部屋で行うようにしてください。
汗も出なくて快適だなと感じる温度設定にしておくのがコツです。

まずはBBクリームを塗って化粧下地やUVカット機能を引き出します。
顔全体にBBクリームの後はリキッドファンデとルースファンデの二種類使うことをおすすめします。
リキッドファンデは化粧崩れしやすいのではないかというイメージを持たれていますが、意外と化粧崩れがしにくいので薄く伸ばすようにしてからルースファンデを重ねてください。

これでベースメイクは完成なので、後はいつも通りのメイクを施してください。
意外と簡単にできるメイクなので拍子抜けするかもしれませんが、基本を忠実に守ることが大切なのです。

できるだけ直射日光は避ける

このように化粧崩れしにくいメイクを完成させても、長時間直射日光の下で過ごすのは良くありません。
できるだけ直射日光の避けるために日傘を使ったり、つばの大きい帽子をかぶるなどの工夫を実践してください。

About

Categories: メイク