愛され童顔アイメイク

誰からも愛されるメイクを実現!

女性としての可愛らしさをアピールしたい時には愛され童顔アイメイクに挑戦してみましょう。
簡単でナチュラルな仕上がりになるので、今すぐにでも実践できる方法です。

童顔アイメイクのお手本は、子供の顔の特徴を真似することです。
子供は顔の面積が小さいのに目が大きくて黒目の割合も多いという特徴があります。
他にもまつげが長いなどの特徴もありますので、このような顔をメイクで実現させてみましょう。

童顔アイメイクの方法

まずはビューラーを使ってまつ毛をカールさせますが、まつ毛が短くてうまくビューラーが使えないという場合などはビューラーにドライヤーの温風を当てて温めるとカールしやすくなります。
根本からしっかりとカールさせるようにしてください。
次にアイホールへ明るめのアイシャドウを塗りますが、カラーはゴールドを選びましょう。
ゴールドのアイシャドウを塗ることでまぶた全体のくすみを取り除くことができて肌がキレイに見えます。

目の際部分には淡めのブラウンのアイシャドウを塗ります。
あまり暗いブラウンにすると暗く仕上がってしまうので、できるだけ淡いブラウンにするのがポイントです。
子供っぽい優しい童顔アイメイクを実現させるコツになります。

次にアイライナーを使ってアイラインを引きます。
目尻にアイラインを引く際には目を開けたまま1センチくらい引き下げることでタレ目になるように仕上げます。
いつもはアイラインを引く時に目尻を上げてキリッとした印象を引き出しているという方も多いですが、童顔アイメイクではタレ目に見えるようにするためにも目尻を引き下げるのがポイントです。

子供のように黒目を大きくするためには、黒のペンシルアイライナーを使います。
まつ毛同士の間をうまく埋めるようにしてアイライナーで塗りつぶすのがコツです。
これで黒目が大きく強調されるので、子供のような童顔になれるのです。

まつ毛をできるだけ長くした方が子供のような童顔アイメイクが完成するので、マスカラで長く見せても良いですが、つけまつ毛をつけた方が良いという場合はつけまつ毛でも構いません。
自分の目幅に合わせてカットをしてからつけまつ毛を付けますが、最初に目の際の真ん中に置いて目頭と目尻にかけてしっかり固定させることでキレイに付きます。

愛らしさを引き出す涙袋を作るためには、明るめのベージュのアイシャドウを選んでまぶたの下に塗って涙袋の形を作ります。
鏡の前で笑ってみて、涙袋が現れるようにアイシャドウを塗るのがポイントです。

最後に眉毛をふんわりと描くようにすると童顔アイメイクが完成します。
ペンシルタイプアイブロウを使うと比較的簡単に仕上がるのでぜひお試しください。

About

Categories: メイク