40代の若返りメイク

いくつになっても若々しい印象を

女性なら誰もがいつまでも美しい自分であり続けたいと願っているものですが、年齢と共に次第に老いを感じる部分が増えてくるものです。
特に顔は老いを感じやすい目立つ部分なので、できるだけ若々しさを維持したいものですが、全体的に重力に負けるようにたるみが生じてしまった顔は既に時遅しなのか…と諦めている方も多いようです。
そこでおすすめしたいのが、誰でも簡単に実現できる40代の若返りメイクです。

眉毛の描き方

以前は細眉でかなり角度がついていたという方も、現在は年齢に応じた眉毛にしたいと考えている方が多いです。
若々しい眉毛を実現するためには、下がり眉にならないように注意することがポイントです。
眉毛も他のパーツ同様に重力に負けているように下がり気味になってくるため、特に悲しいわけでもないのに「どうかしたの?何か不安なことでもあるの?」と聞かれることが多くなる人もいます。

そこで、眉毛を描く際には横に伸ばすようにラインを引くのがポイントになります。
この時角度をつけすぎてはいけないので、眉頭よりも眉尻が下がらないように注意してください。
あくまでも自然なラインに仕上がるように気をつけてください。

アイラインの描き方

年齢を重ねるとたるみが生じるため目尻も下がりやすくなって老け顔が更に増すので注意が必要です。
その逆に目尻を引き上げるようにすると若々しく見えるのではないかと考える方もいますが、引き上げすぎると逆効果でキツイ印象を与えるだけになってしまいます。

正しいアイラインの描き方は、まず目を開けたままの状態で目尻から水平に伸ばすのがポイントです。
目を閉じたままアイラインを引いてしまうと、目を開いた時にアイラインが下がってしまうため意味がありませんので注意してください。
次に目頭から目尻にかけてアイラインを繋げるようにして、仕上げにビューラーとマスカラを使ってまつ毛をしっかりと持ち上げるようにします。
これでたるんだ印象が少なくなって目尻のたるみもあまり気にならなくなります。

口元のメイク

年齢を重ねたことで生じるたるみは、口元にも大きな影響を及ぼしてしまいます。
昔はもっと口角が上がっていたのに最近は口角まで下がってしまったと感じている方も多いはずです。
口角が下がっていると暗い顔の印象に感じられるため、若々しい元気な印象を取り戻すためにも口角をアップさせるメイクを実践してみましょう。

まずは口角から上唇のラインを1ミリから2ミリ程度上にはみ出すようにして描き、本来の山に繋げるようにしてください。
まっすぐなラインを描くよりも、ふんわりと丸く描くようにすることで女性らしい印象を引きだすことができます。
口角が上がった口元になることで、若々しさが更に倍増したメイクに仕上がります。

About

Categories: メイク