就職活動向けヘアアレンジ

清潔感のあるヘアアレンジを目指す

自分自身が就活をする時はもちろんですが、プロにアドバイスを求めたいとして就職活動向けのヘアアレンジを教えて欲しいと頼まれる場合もあります。
就活では清潔感のあるヘアスタイルを心がけなければいけないため、ファッション性を重視したアレンジはできるだけ避けた方が良いですが、センスの良さがなければとても地味な印象を受けます。
そこで、今回は就活生向けにおすすめできるヘアアレンジのテクニックについてご紹介します。

参考:女子就職活動生のためのヘアアレンジ方法

髪の長い人のヘアアレンジ

髪の毛が長い女性は、基本的に後ろで一本に縛るようにします。
特に注意したいのはパーマやヘアカラーをしている人で、これらは就活の際には基本的にNGとされています。
普段はパーマやヘアカラーをしているという方も、就活に向けてストレートの黒髪に戻すようにすることをおすすめします。

ただし、マスコミやデザイン関係への就活を検討している方については例外で、ストレートの黒髪にこだわる必要がないとされています。
誰が見てもおかしいと感じるようなあまりにも個性的過ぎるヘアアレンジはNGですが、誰もが好感を持てるようなヘアアレンジに留めておけば良いでしょう。

長い髪の毛を一つで縛るだけでは地味過ぎると感じる場合には、あまり派手でないバレッタを使うことで上品さがグッと際立ちます。
前から見ると清潔感のあるヘアスタイルに仕上がっていても、後ろから確認すると髪の毛がはねてボサボサに仕上がっているという場合もありますので注意してください。

髪の毛が短い人のヘアアレンジ

髪の毛が短い人も長い人と同様で、基本はストレートの黒髪にするようにしてください。
一つに縛ることができないくらい短い髪の毛は、寝癖ができやすくすぐに毛先がはねてしまうというデメリットがあります。
きちんと寝癖やはねを直して面接に臨むようにしてください。
清潔感を引き出すためには耳を出すようにすると良いので、髪の毛を耳にかけるか、ヘアピンなどで留めておくだけで良いです。

前髪について

前髪が目にかかるほど長いという方はとても暗い印象を与えて好感を与えられません。
できるだけおでこや眉毛を出すようにするのが基本なので、前髪をサイドに寄せるようにしておくと良いです。
おでこを全て見せる必要がなく、一部分だけで構いませんのできちんと相手に見えるようにすることが大切です。

ヘアスタイルが崩れないように

髪の毛が長い人、短い人に共通することとして注意したい点があります。
面接の際には必ずお辞儀を行ないますが、この時に頭を起こすとヘアスタイルが崩れてしまわないように気をつけてください。
ヘアスタイルが崩れたからと髪の毛を手で直す仕草をして気にし過ぎると、面接官にも悪い印象を与えてしまいます。

About

Categories: ヘアアレンジ